静岡県浜松市の機械部品の製造・切削加工についてはイズミ技研株式会社にお任せください

053-463-5398
〒430-0903 静岡県浜松市中区助信町13-10
雑記帳

ブログ 雑記帳 BLOG

当社のブログ「雑記帳」をご紹介致します
当社についての事、季節により日々変化する敷地内の木々やお花を紹介していきます

人気YouTubeチャンネルysp yokohamatotsuka channelにて、
「LMW祭」が配信されました。
そのなかで、愛車「standingNIKEN」が紹介されました。
https://www.youtube.com/watch?v=0DF03jrispI
37分20秒あたりです。
皆さんLMWを楽しんでいる様子が伝わって大変楽しかったです。
配信ありがとうございました。

ヤマハ発動機(株)から、発売されているNIKENというモーターサイクルをご存じでしょうか。
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/niken/
LMWテクノロジーという独自の技術を搭載した、フロント2輪のオートバイです。
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/lmw/technology/
最大の特徴は、きわめて転びにくい事。
転倒は、体にも財布にも、とてつもなく痛い。
そのつらさは、経験しなければわからない。
幸いなことに、致命傷を負うような怪我や、バイク全損等々はありませんでしたが、
いろんなバイクを乗り回していた私が、オートバイを降りてしまったのも、
それがきっかけの一つでした。

それから時が流れて30年.。
我らのヤマハ発動機がやってくれました。
「LMWテクノロジー」
雨天走行中マンホールのふたに乗り上げた時、あるいは晩秋のツーリング中、
コーナー進入時に落ち葉の存在に気が付いた時、
このバイクは安心して駆け抜けることができます。

この技術こそ「未来のオートバイだ!」と、私は年甲斐もなくほれ込み、
このオートバイに乗るために2年前、とうとうリターンライダーを果たしました。

ところがこのオートバイ、なんと、想像以上に曲者だったのです。
車両重量260㎏以上。
カタログスペックは頭に入っていたものの、まぁ何とかなるだろうと高をくくっていました。
実際には、フロント2輪ゆえに取り回し時の押し引きの抵抗がかなり強く、
さらにLMWテクノロジーは走行中の安全性を引き出す技術のためか、
立ちごけに関しては普通の2輪車とほとんど変わらないので、
重い車重も相まって車庫からの出し入れが一苦労。

もちろん走り出してしまえば、100馬力を超える848㏄のエンジンと、LMWの安心感は、
本当に期待通りだったのですが、その一方で停車時にネックとなったのが、シート高。
820mm。(現行車のNIKEN GTは835mm!)
一見、今どき普通のスペックですが、長距離ツーリング向けに乗り心地が良いシートは、
車体のボリュームゆえか、かなり幅広仕様でした。

シート高を下げる純正ローダウンリンクキットをもってしても、
身長168センチの短足な私にはかなりの難敵だったのです。

車庫の出し入れに伴う転倒と、停車中の立ちごけ。
これが、『Standing NIKEN』の制作へと突入するきっかけだったのです。

続く

ホームページを開設するようになって変化した事の一つに、たまに一般の方々から跳び込みでお仕事を承るようになったことです。
それも、毎回思いもかけない依頼で、楽しく受注させていただいております。

例えば昨年は、自動車エンジン用に購入したチタン製のボルトが、うまくはまらないと言う相談がありまして、フランジ部分を削り落とす追加工をいたしました。
お陰様で、チタン合金の貴重な加工条件等のデータを蓄積させていただきました。
(加工実績のページに記載してあります)

また、つい先日も、アマチュアカメラマンの方からお問い合わせがありました。
来社されお話を伺うと、「風景写真を撮る際に愛用している三脚へ、お気に入りのアルカスイス互換レベリングベースが付くように加工して欲しい」との依頼でした。
打ち合わせの結果、三脚ネジそのもの加工ではなく、取り付けベースへのネジ孔の追加工のみで良さそうだと言うことになり、弊社のマシニングセンタにてM5ミリの皿ビス用の座繰り加工をしました。
簡単な追加工で、大変喜ばれておりましたので良かったです。

クイックシューの相性問題に限らず、金属加工でお困りの方は、ぜひお問い合わせ下さい。
簡単な機械加工で、愛用の道具がより快適になるかも知れません。

中心および平行を測定し、そこを基準に座標を確定します。
ネジの規格より、必要なドリル径および孔ピッチを算定
してから、アルミ材の加工条件を設定して孔加工をします。
今回は皿ネジ仕様なので、専用工具で面取り加工をします。
皿ネジの頭が、ちょうどピッタリ埋まる深さまで面取り加工を施して完成!

浜松市のシンボルである浜松城。
お城の直ぐそばの元城町に親戚が住んでいた事もあり、まだ動物園やプールが併設されていた子どもの頃から、幾度となく遊びに行っていました。
近年は、日本庭園の整備、家康公の銅像や大手門の復元でずいぶんと立派になって誇らしい限りです。
掲載の写真は、4~5年前のお花見の季節に撮影した浜松城の姿です。
手持ち撮影のスナップですがご覧下さい。
来年の桜の季節には、新型コロナの対策に目処が立ち、またお城の桜に賑わいが戻ってくることを願ってやみません。

満開の桜と天守閣
満開の桜と天守閣
家康公
桜をめでる家康公

ライトアップされた大手門
ライトアップされた大手門
ライトアップされた天守閣1
ライトアップされた天守閣2
ライトアップされた天守閣3
日本庭園の夜桜
楠の木

残す所数日で、30年以上続いた平成という長い時代が終わりを告げ、
令和という新しい時代が始まります。
昭和44年に創業した弊社も、令和を待たずに創業50年目を迎えました。
50年目の今年、新しい令和の時代も社業に専心したく思います。


写真は、今年も庭の桜の木にやってきたヒヨドリ
サクランボを食べるのに夢中でカメラを向けても一向に逃げる気配なし。

楠の木

当ホームページを経由で、チタン加工の仕事を請け負いました。
奇しくも庭の牡丹の花も満開。
今年は、6輪の花が咲きましたが、数日後の雨であっけなくシーズン終了。
チタンボルトは、トラブルもなく無事納品完了しました。
(製作実績のページにデータを上げておきました)

暴風でかなり枝が折れました
落ち葉の海です
楠の木

浜松市も、台風24号で少なからぬ被害を受けました。
台風直後の市内広域の大規模停電により、弊社も未明より丸一日半停電し、
月曜日は操業できませんでした。
停電中、ISDN回線の電話回線は稼動可能で、各方面に連絡できたのは幸運でした。
ところがその後、そのISDN回線がよもや不通になるとは思いもよりませんでした。
原因は、台風が吹き上げた海水の塩分による腐食とのこと。
考えてみれば、庭の樹木も塩が原因で枯れています。
シンボルの楠木は大量に枯葉を落とし、桜も葉がすっかり落ちてしまいました。
ニュースには出てきませんが、塩害による停電や通信障害も
まだまだ続くかもしれないと思うと、台風被害の規模は計り知れないです。

暴風でかなり枝が折れました
落ち葉の海です

ご迷惑をおかけしております。 昨日10月11日未明からNTT回線のトラブルにより、
電話およびファックスが不通となっております。
メールは機能しておりますので、緊急の連絡は上段の「お問い合わせ」ボタンより、
メールにて連絡をお願いいたします。

Coming Soon

本日、東海地方も梅雨入りが発表されました。
庭のアジサイも1週間ほど前から咲き始めていましたのでそろそろとは思っていました。
と同時に、機械加工を生業とする弊社にとって、金属材料の『錆び』に
悩まされるシーズンが今年も到来した訳です。

雨がかからないから大丈夫…はありません。
湿気によごれやもらい錆び、完成品だけではなく鍛造素材にも目配りせねば。
あわせて先入れ・先出しを徹底し、納品前には目視チェックも忘れずに。

防錆油を補充して対処する事といたしましょう…

どうかこれからアジサイの花が咲き乱れる約一ヶ月間、錆びトラブルがありませんように。

新城ラリー2017 2017.11.05

楠の木

友人が新城ラリーに参加しているので、お誘いを受けて観戦に行きました。

当日は、発表直後のスイフトスポーツやVitsGRMNのデモ走行もあり、見応えのある一日でした!

右に写っている日本酒のボトルは「空」という地酒です。
幻の日本酒と呼ばれ、関谷醸造が作る「空」はなかなか手に入らないようです。
当日は、表彰式のときにこれの炭酸入りを使ってシャンパンファイトならぬ、日本酒ファイトをするのが名物になってます。

Coming Soon
Coming Soon
Coming Soon

楠の木 2017.11.02

楠の木

当社の庭に生えている、大きな楠の木を紹介します。

5月から6月にかけて、白く淡い黄緑色の小さな花が咲きます。10月から11月にかけては、直径7~8mm程度の青緑色で球形の果実が紫黒色に熟します。

白く咲く花は小さいですが、とても綺麗で当社の庭を彩ります。今の時期は、果実が少しずつ実ってきています。

花が咲く頃にまた紹介をしたいと思っております。

松の木 2017.11.02

松の木

当社の入口に生えている、松の木を紹介します。

当社の入口の松の木は、年月が経つごとに大きく立派に育ってきております。松の木はよく縁起が良いと言われます。その理由としては、松が常緑樹であるため、冬でも緑を絶やさないことがあげられます。常に青々としていることから不老長寿の象徴と考えられたわけです。

同じように常に青さをたたえている竹や、冬に花咲く梅も縁起がいいとされており、松竹梅が構成されたようです。

今後も日々変化していく木々や、お花を紹介していきます。是非ご覧下さい。

機械部品の製造・切削加工に関するお問い合わせは 053-463-5398
ページガイド
  • COMPANY 機械部品の製造・切削加工・オイルクリーナー製造・販売 イズミ技研株式会社 TEL 053-463-5398 FAX 053-463-4224 〒430-0903 静岡県浜松市中区助信町13-10
PAGE TOP